2016年10月19日

元子役・神木隆之介の業界処世術



大人を回すまで子役スターであることから、連続的な成功を持つことは非常に困難な作業です。彼は一時期は減速しているかもしれませんが、神木隆之介は再び非常に人気のあるタレントとしてトップで彼の地位を取り戻しました。

彼は長い間、1995年に2歳で児童劇団に入団し、そして同じ年の商業にデビュー参加しました。彼はその後、中居正広の「ドラマグッドニュース」で1999年に演技デビューを果たしました。

彼はその後、「天才子どもの才能」として知られている、と12歳で、彼は第29回日本アカデミー賞で「最優秀新人賞」を受賞した2005年の「妖怪大戦争」のリメイクに主演しました。

彼は2006年の探偵学園Q(NTV)で初のドラマで主演し、常に以来、ドラマや映画に登場されています。彼は業界では、このような長い時間のために生き残っている理由の最大の理由の一つは、タレント事務所の彼の選択です。事務所選びに成功したおかげです。

「彼は所属しているのは、サザンオールスターズ、福山雅治、佐藤健、三浦春馬、と吉高由里子を管理している大手芸能プロダクション。アミューズ。
様々な仕事が舞い込むし、なにかあっても事務所がバックアップしてくれる。この主要な生産会社でだ、と彼は彼がに巻き込ま場合であっても安全ですよ代理店としての女性とのスキャンダルが混乱の後にクリーンアップされます。もし、彼が別の事務所に所属していたらならば、彼はオファーを失っているだろうし、徐々に業界からフェードアウトでしょう。



神木は、二度目のブレークを巻き起こしたベストセラーの小説、「桐島、部活やめるってよ」。シルバースクリーンの適応で主演しました。彼はその後、ドラマ版「家族ゲーム」にて嵐の櫻井翔よりも強く、印象的なパフォーマンスをするようになりました。

彼は、東野圭吾の小説に基づいているWOWOWのサスペンススリラードラマ「変身」に主演でキャストされており、今後の映画、「るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編」、「神さまの言うとおり」、来年は同じ事務所の佐藤との主演になる「バクマン。」。彼が、業界で生き残る方法の完全な知識を持っているようです。

俳優業を目指す方は事務所選びも生き残るための大事なポイントです。
肝心なところは俳優が事務所を選べるかと言えば、絶対とは言えないところです。事務所も俳優を選びます。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140619/Real_Live_19002.html



posted by gizmoo at 00:34| 芸能界びっくりニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。